占いといえば姓名判断といえる抜群の知名度の真実

占いといえば姓名判断といえる抜群の知名度の真実

姓名判断のやり方

姓名判断の基本的なやり方はすべての文字の画数を調べることですが、旧字体を使うか新字体を使うかやひらがな・カタカナの画数は流派によって違いますから、選んだ流派のルールに従いましょう。

姓の文字をすべて足したものを天格と呼び、先祖からの影響や職業、56歳以降の運勢をあらわします。

姓の下1文字と名の上一文字を足した人格は、意思や決断力、36歳から55歳までの運勢、名前の文字の合計の地格は結婚や仕事、35歳までの運勢を暗示。

人格以外のすべてを足したものが外格と呼ばれ対人関係の運勢、名前のすべての文字数を足した総画は総合運や人生の転機を知ることができます。

姓名判断の歴史

姓名判断の起源は古代中国の五行説や陰陽説にあり、木・火・土・金・水で成り立つ五行や陰と陽で表される陰陽の数字とのバランスから姓名画数の吉凶を占うものです。

日本での歴史は比較的新しく、庶民が性を名乗るようになった明治以降に提唱されるようになりました。

最も広く行われている姓名判断は五聖閣が基本となっていますが、様々な流派があり画数の数え方から判断法まで異なっており、各流派が自分の流派の正当性を主張していることが姓名判断混乱の一因とされています。

姓名判断では何が占える?

姓名判断で占えるもっとも基本的なことは、運勢傾向や性格です。

5格と呼ばれる、生まれながらの運勢・後天的運勢・個性など内面の運勢・場の運勢・生涯の運勢の5つのポイントから、現状はどういう流れの中にあるのか、自分がどのようなことに興味を持ちやすいのか、反発してしまいやすい事は何かなどを知ることができます。

運勢傾向や性格から自分がしてしまいがちな行動や判断を導き出し、気づかぬうちにトラブルの原因となっていた行動をコントロールできるようにすることで、不運を避ける事ができるのです。

占い
出会い系サイト情報をわかりやすくコンパクトに!
タイトルとURLをコピーしました